よくあるお話

画像の説明

ご結婚をされ、お子さんが産まれて大きくなってくると、マンション暮らしより、住むんだったら、子供たちも一緒に広いお庭で遊べる、家賃もあまり変わらない一戸建てになってくると思います。
奥様憧れのアイランドキッチン、カーテンは何色しようかしら?床は大理石かしら・・・❤?など、考える事は一杯です。出来ていくさまが、想像していると楽しいですね。

けれど、最近多いのは、家の事ばかり考えて、一番大事な外構工事の事をおろそかにしているお家です。住宅メーカーは、次々と家を売っていかなくてはなりません。外構工事は、最低限にしておいて、後のアレンジはお客様でという考えです。しかし、ローンも一杯組んでいます。ある程度まとまったお金ができてからしか、外構工事ができない方が現状です。電気代節約しても、出ていくものは出て、なかなか貯金ができません。年数がたち、奥様も働きに行くようになって、日々の生活に追われ、お庭をほったらかしになられているお家が多いです。
気づかないうちに、雑草は生えっぱなし、窓から出る時は、地面との高さがあるので、ブロックを2段積んで、グラグラしながらお庭へ。洗濯物を干している際も、目隠しがないので通行人と目が合い、洗濯物は丸見え。その内に、家の外壁のリフォームにもお金がかかり・・・
これでは、せっかくのお家もかわいそうです。その街自体が、美しくありません。憧れの思い描いていたMy HOUSEが・・・
外構はお家を立派にしてくれます。同じく大事なものですので、お家を建築する際は外構工事のお金も別で置いておきましょう。

お庭付の家も販売されていますが、左右前後、全て同じ家、同じお庭で、どこが自分の家か分かりにくいし、個性もなにもありません。同じものがお好きな方はそれでいいのですが。
基礎から、お休みを利用してご主人さんがされていらっしゃいます。作り上げる喜びはございます。けれど、その持続力と情熱はいつまで続くかです。運よく完成しても、バランスがなっていません。
ですので、基本ラインは任せてもらう方が、色々悩まず、かえってお安くつく場合もあります。
大抵、一度に全ての事をやってしまいたいとよく言われますが、お客様のご予算もございます。お値段だけで決められている方が多いです。あきらめずにプランナーにご相談をして下さい。一部から少しづつされる方も多いですね。